社会生活としてのあり方を再確認する瞬間

ITの知識をより深めるために勉強会が不可欠となり、勉強会で学んだ知識により、通信機器を始めとしたIT関連の商品によって、今後とも、ITに特化した世の中としていかなければいけないでしょう。
勉強会に参加する意図として、普段の仕事では取得できない技術を学んでスキルアップができたり、資格の取得のためだったりと、多くの利用範囲が考えられています。

みんながこぞって参加して席をいっぱいにして学んでいる姿勢は、正に現在の情報化社会を映し出しているような風景を思わせます。
何故なら、席をひしめき合うように埋め尽くして、自分の意見と他人の意見とをぶつけ合う姿は、ネットワークによる緊密な情報伝達そのものだと言えるからです。
普段の日常でのネットワークを介してのコミュニケーションから一転して、直に人と人との結びつきを強く感じる瞬間と言えるのではないでしょうか。

ネットを通してのコミュニケーションは、時として直に人と密接に関わりたいという気持ちを呼び起こさせていき、それだけ人という存在が恋しくなる瞬間とも成り得るのではないかと思うのです。したがって、勉強会のように直に人と接する機会のある取り組みが、本来の人としての感受性を鼓舞させていくこととなります。
距離の近い人たちとの関わり合いによって、自分が今こうして生きているのは、人の助けがあるのだといった意識の再確認を促すことへと発展していくのではないでしょうか。
勉強会とは、同時に人を介した人生においての勉強をしていくための行いだと言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です