未来を描き出す言葉

変化の激しいIT社会において、こちらも柔軟な対応力でもって、その業務に適応していかなければと意識するようになります。
そうした時間を過ごしている中で、仕事をしている時間が自分の存在意義を映し出していく象徴そのものであると考えたりするのではないでしょうか。
そうした風潮を外国で当てはめたときに、ワークタイムという言葉が思い浮かんだりすることがあるのではないかと思います。外国でも、自分が働いている時間が、社会に身を捧げている一員として、自身の存在自体に誇りを持っていることも考えられます。

情報を取り扱う業種としてのITの業界において、一刻を争う要所々々で、自分の的確な判断力のみならず、それに付随するスピーディさも求められていきます。
人は忙しい時間を過ごしているときに、時間が過ぎるのを早く感じるものであり、その時間の流れを意識したときに、自ずと自分の仕事に対してやりがいが生まれていったものだと言えるでしょう。

ひいては、充実した仕事に対して流れた時間に、余韻に浸ることもあるのではないでしょうか。その意味をワークタイムという言葉をもって教えてくれているかのようです。
そして、仕事に対しての充実した時間は、正に自分が悔いのない時間を過ごせた証左として、これからの自分の人生に長く浸透していくのです。

働く時間を、英語の言葉であるワークタイムとして世に浸透させている社会情勢から、外国の方と手と手を取り合って困難にも負けない絆を結んで、今後のIT社会を築いていきましょう、といった広い意味での解釈も出来るのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です